家族のつながり

お墓型の納骨堂があるって本当?

納骨する場所というのは非常に大切な物で亡くなった方を祀る為に必要な場所になります。
いわば死者の家とでもいいましょうか…本当にそのくらい大切な場所になります。
基本的には納骨をする場所というと、墓地に建っている墓石を想像するかとは思いますがもちろんそういったものだけが納骨をする場所ではありません。

納骨堂というものがありますが、ここも亡くなった方の家ということになります。
それぞれのメリットがありますのでメリットなどを把握した上でどちらに骨を納めるのかを判断しましょう。
では納骨堂というのはどういう形なのかという疑問が生まれるとは思いますが、それは納骨堂によって違いがあります。

ロッカーのような形もありますし、それ以外にも色々な形があります。
そんな中でお墓型の納骨堂はあるのかという疑問もでてくるとは思いますが、お墓型の納骨堂は探せばあるのではないでしょうか。
しかしもちろんどこにでもあるということではありませんのでわざわざさがしてまでそういう納骨堂に入れる必要もないでしょう。
こだわる方もいらっしゃるかとは思いますがこだわったところでもし見つけて場所が遠かったとなったら次はお参りになかなかいけないという状況になるでしょう。

そういったことを避ける為にも出来る限り近場の納骨堂を探すことをオススメします。
やはりいくらいい場所であってもおまいりに来てくれないのでしたら場所関係なくお参りに来てくれる方がなくなった方も嬉しいのではないでしょうか。
もちろん探してみて近場にあるのが一番いいのですがなければ近い場所の納骨堂に納めるということが一番いいでしょう。

いろいろな方がいらっしゃいますのでいろいろな考えがあるとは思いますが自分のための納骨堂では亡くなった方のための納骨堂になります。
ですのでそのことを第一に考えて探してみるといいのではないでしょうか。
とにかく結論としては探せばあるのではないでしょうかということになります。

Copyright(C) 2013 故人が帰る場所 All Rights Reserved.