家族のつながり

キリスト教のお墓はどこに建てたら良い?

キリスト教のお墓を建てるには色々と知識が必要です。
今一度大事なことを抑えておきましょう。
まず日本のお墓というのは殆どが和式となります。
よって、宗教の違いによってお墓を建てることができない場所があるということを覚えておきましょう。

キリスト教のお墓というのは芝生であることなどがあげられます。
それに合う墓地を探すことがまず重要になります。
お墓を建てる前に墓地を探すことがキリスト教のお墓を建てる際の大事なポイントとなります。
どこで建てるか、予算、立地条件、これがそろって初めてキリスト教のお墓を建てることができます。
難しいと思うかもしれませんが実際はそれほど手間でもありません。

それはキリスト教の方は協会や教団が地区によって墓地を所有していることがわかりますのでそれらを活用して、形式やデザイン、墓石などを決めるだけとなります。
また、ここでもう一つ重要なことを述べておきます。
キリスト教では1人に1つのお墓を建てることが基本のベースとなっております。
色々な時代の変化で家族をまとめて埋葬するようなお墓もありますが、キリスト教は違います。

その辺りが和式とは違うという部分でしょう。
また芝生の上にシンプルな形式のお墓を建てるものキリスト教お墓の特徴です。
墓石の代わりに十字架を立てたりする場合もありますので和式と違ってシンプルです。

また、キリスト教の考えとしては亡くなった人を供養するという事はないということです。
決定的な違いというのはその部分に当たると思います。
基本的な考えは神に感謝をして、記念碑的な存在として扱われています。
和製では墓石に文字などを刻みますが、キリスト教式にはそのような決まりもありません。

ですが、聖書の文章の一節、亡くなった方が好きだった言葉などを記すことが多いです。
そのようなものがキリスト教式のお墓スタイルになりますので覚えておいてください。
基本的にはまず場所探し、その後予算と折り合いをつけるようにしましょう。
参考にしてみてください。

Copyright(C) 2013 故人が帰る場所 All Rights Reserved.