家族のつながり

お墓の形は長方形だけ?

お墓の形はどういった形があるのかを知っておりますでしょうか。
多分イメージは縦の長方形の「〜家之墓」と記載があるものだと思いますがお墓の形というのは非常に多くあります。
一般的に墓地で見られるような縦の長方形の墓の形は和型墓石の仏式の物となります。

これが日本では一般的に浸透しているものとなりますがほかにも非常に多くの形があります。
大きく分けて墓石の形は和型墓石の仏式、和型墓石の神式、洋型墓石、デザイン墓石があります。
ではそれぞれについて説明をしますが、まず和型墓石の仏式は一般的といいましたがこれは一般的な物もありますが他にも様々な形があります。
五輪塔であったり宝篋印塔であったり、石仏墓などもあります。
形は非常に多くありますので名前だけおぼえて見せてもらうといいでしょう。

次に和型墓石の神式ですが仏式との違いとしては名前を彫る部分が長いという特徴があります。
基本的な形は仏式と似ているのであまり見分けがつかない可能性もあるということを覚えておくといいでしょう。
とにかくここまでが日本式のものということになります。
そして洋型墓石ですが、これはよく洋画などでなくなったりした後の墓地でのシーンなどで見たことがあるでしょう。
高さがなく長方形の形でもないというものですが。
無宗教の方などがこういった洋型墓石を作られるという方もいらっしゃいますので覚えておくといいでしょう。

そして最後がデザイン墓石となりますが、これは基本的に寿陵の場合に注文されることが多くなります。
例えば本が好きだった方が墓石をほんの形にしたりといったような遊び心もふくめて墓石を作るという方が多いでしょう。
基本的に親族が作る場合は一般的な和型墓石の仏式を作られると思いますがやはり自分を誇示したいと思っている方などはデザイン墓石を選ぶといいのではないでしょうか。
このようにお墓の形は多くあり種類も豊富だということをしっかりと把握しておくといいでしょう。

Copyright(C) 2013 故人が帰る場所 All Rights Reserved.