家族のつながり

納骨堂とお墓、どちらがよいの?

納骨堂とお墓のどちらにした方がいいのかという前に納骨堂というものがどういったものか知らない方もいらっしゃいますので簡単に納骨堂の説明からいたしますが、納骨堂というのはお寺などで納骨をして祀ってもらうというものになります。
どういう形なのかというとロッカーのような形をしたり様々となりますが一つの部屋にいくつも納骨をされているという場所になります。
では、この納骨堂とお墓のどちらがいいのかというものですがはっきりいって答えはありません。

どちらにもメリットがありますのでそのメリットを理解した上でどちらにするかはご自身で判断すると言う事が大切となります。
ではこの納骨堂にかんしましてどういったメリットがあるのかというと一つはやはり費用の面で安く出来るというところがあります。
納骨堂の費用は平均約50万前後となりますのでお墓より断然安く利用することが可能となります。

また管理がいらないというところもメリットとなっております。
メンテナンス等が必要ないので忙しくても手間がかからないのでメリットとなるでしょう。
またそれ以外にも無宗派でも大丈夫ですしお墓の引越しが非常に楽と言う事もメリットに含まれるでしょう。
次にお墓のメリットですが、やっぱりその人が生きた証というのがしっかりと見えるというのが一番ではないでしょうか。
立派な墓石であればあるほどその方が価値のある人生を生きてきたというのがわかるでしょう。

また墓を残すということは子孫も入ることが出来るということになります。
是非覚えておくといいでしょう。
このようにお墓と納骨堂にはそれぞれのメリットがありますのでどちらがいいというものでもありません。
どちらがいいかはなくなった方、また亡くなった方のご親族がきめることになりますのでとにかくどういったメリットがあるのかというところだけは覚えておくといいでしょう。
知っておけばいざ決めるときに非常に楽に事が進むでしょう。

Copyright(C) 2013 故人が帰る場所 All Rights Reserved.