家族のつながり

災害時のお墓の管理はどうなるの?

お墓というのは今では建てない人もいらっしゃいますが、まだまだ建てる人もいますし、引き継いでいるという方も多くいらっしゃいます。
ですが、お墓についての知識というのはやはり引き継いだだけでしたらあまり解らないでしょう。
そこである程度のお墓の知識を知っておいて貰いたいのですが、その中でももっとも重要といえるのが災害などでお墓がなくなったり故障したりした場合にどうすればいいかについてです。

これはまずどうすればいいか知っている方はあまりいらっしゃいませんし、むしろ災害で壊れたら墓地の所有者の責任くらいに思っている方が多いですがはっきりいって墓地の所有者は一切の責任を負いません。
じゃあ誰がとなると墓石の所有者の責任ということになります。
これは何かしらの契約などにも記載があると思いますのでその辺をきっちりとしておくといいでしょう。

じゃあそれをさける為にはどうすればいいのかというと、これはまず土地をきちんと選ぶと言う事が大事になります。
土地をしっかり選んだらそう言う災害にあうこともありませんのでしっかりとその辺を決めることが必要です。
しかしもう引き継いだもので建っているという場合はどうすればいいのかというとお墓が災害にあったときの保険というものがあります。
そういった保険を利用することで故障なども直してくれるということになります。

もちろん費用がかかってきますが災害で損壊して直すというより費用はかからないでしょう。
墓石というのはそもそも高額な物ですので出来るだけ大切にしたいと考えるでしょう。
この用にお墓と災害の関係というのは軽く考えている方が多いですが意外と深い関係性があると言う事を把握しておくといいでしょう。
また、このお墓に関しましてですが、もちろん墓地の所有者がなにかの拍子に壊してしまったという場合でしたら墓地の所有者に治してもらうことは出来るということは覚えておくといいのではないでしょうか。

Copyright(C) 2013 故人が帰る場所 All Rights Reserved.