家族のつながり

結婚しても、実家のお墓に入りたい

まず今の日本の場合、お墓というものは長男が継ぐというのが定石となります。
例えば父のお墓は長男が引継ぎ、長男の家族もそのお墓に眠ると言う事になります。
また次男が独身だった場合はこのお墓に入ることができます。

これが基本的なお墓の引継ぎとなります。
ですので結婚しても実家のお墓に入りたいといって入れるのは長男となります。
これ以外の場合は現時点では認められていません。

例えば次男が結婚をしていて実家のお墓に入りたいといっても入ることが出来ないと言う事になります。
次男の場合は一代目として自分の家系のお墓を作るということが定石となっております。
では女人家系の場合はどうなるかというと、結婚をしていれば旦那のお墓に入ることになると思いますが独身の場合は自分の親のお墓に入ると言う事になるでしょう。
やっぱりお墓を建てるということはお金がかかることですし、実家に立派なお墓があるのでしたらそこに入りたいと思う方もいらっしゃるかも知れませんが長年受け継がれてきているお墓に関する歴史ですのでその点は把握しておくといいでしょう。

じゃあお金がなかったらお墓に入ることもできないと思っている方がいるかも知れませんがそれは大きな勘違いとなります。
お墓というのは墓地にあるようなお墓だけがお墓ではありません。
小額で納めてくれるものもありますので是非いろいろなお墓の形を把握しておくといいでしょう。
まぁ実際にはなくなっているので入るお墓はどこでも同じでしょう。
残った人の負担にならない程度のお墓を考えると言う事が一番となります。

あまり立派な物にするとどうしても負担になる事がありますのでそういうことも考えた上でお墓について考えてみてはいかがでしょうか。
また長男は実家のお墓に家族で入ることができますのでそういうことも調べておくといいでしょう。
実家のお墓に入りたいという方は今では多くいらっしゃいますし、奥さんが旦那さんと同じお墓に入りたくないという話も聞きますがそれなりにお墓にもルールや条件のようなものが存在すると言う事だけは覚えておくといいのではないでしょうか。

Copyright(C) 2013 故人が帰る場所 All Rights Reserved.