家族のつながり

自分たちのお墓、子供が居ない場合はどうする?

お墓を作ったとしても、子供が居ない場合はその後の管理などで困ることになると思います。
継ぐ人がいないとなるとお墓についても考えないとなりません。
継ぐ人がいないと将来は無縁墓地になってしまうので考えないとなりません。

その為、お墓を購入することよりもその資金を何かに残しておくことも良いという考えが広まっています。
将来何かと迷惑をかけないようにするにはそのように対処するのもよいことだと思います。
お墓がある、ないでかわってきますが、お墓をまだ持っていない場合は今後の選択を考えます。

お墓を持つのか持たないのかということですね。
このような人は自宅で手元供養する場合に良いでしょう。
お墓を持っている場合はお墓の整理を行わないとなりません。
改葬と呼ばれることをします。
お墓のお引越しということです。
お墓の選択しもパターンによってわかれていますが、作り変えることが望ましいでしょう。

それ程、高価ではないものが多いです。
無縁墓になるということなら、老後の資金として取っておくほうが望ましいという風にも思います。
人それぞれ価値観は違いますが、子供を授からなかった人がいるのもまた事実です…どちらかが先に亡くなることを考えるとお墓の代金を老後に回すほうがよいような気もします。
その辺りは夫婦でしっかりと話し合って決めてください。
またお墓を立てたいという人は、永代供養墓というものも存在しているのでこれが良いでしょう。
これはお墓をお寺や霊園などが全て管理してくれるということです。

その際は管理費等は前払いになりますので費用は割高になります。
どちらも人によって考え方がありますので決める際の判断にするのもよいでしょう。
そして更にもう一つありますが、これは共同墓というものです。
家族に関係なく、賛同したもの同士が同じ墓に入り供養と管理を行うものになります。
これらに分かれていますので老後前に一度考えることもよいでしょう。
お墓を考える際の目安にして下さい。

Copyright(C) 2013 故人が帰る場所 All Rights Reserved.