家族のつながり

お墓を立てる場所、どこがいい?

お墓を建てる上で重要な事はやはりどこに建てるかということになります。
亡くなった方が好きな場所、景色がいいところなどという案が生まれるとは思いますが、はっきり言って一番は近場や交通の便がいいところをオススメします。
景色がいいところであったり、亡くなった方の好きな場所などにすることはいい事かも知れませんがやはりなくなった方にとってはお参りに来てもらいたいということの方がいいでしょう。
また家族が離ればなれの場合もありますのでみんなが行きやすい場所に建てると言う事でもいいのではないでしょうか。

またお墓を建てる上で知っておいて貰いたい事があるのですが、お墓を建てるといってもどこにでも建てられるというわけではありません。
きちんと都道府県知事が許可を出したところにしか建てることが出来ません。
またお墓の種類も同時に覚えておいて貰いたいのですが、種類は3種類あり、公営墓地、寺院墓地、民営霊園となります。

一つずつ説明をしますが、まず公営墓地というのは管理しているところが地方自治体になっております。
費用が低めに設定されているところで人気の墓地となっております。
多少手続きが面倒というデメリットがありますが非常に人気であるということを覚えておくといいでしょう。

次に寺院墓地となりますが、これはお寺の境内にあり、お寺が管理している墓地となります。
メリットとしては管理する側と経営側の距離が近いというのが一番となります。
そして最後が民営霊園となりますが、この民営霊園というのはお寺が経営している墓地となっており、メリットとしては施設が充実しているというところにあり、条件なども厳しくなく寿陵も出来るところが多いのがこの民営霊園となっております。
このようにお墓を建てる場所というのはしっかり事前に決めた上で建てることが非常に大切な事になります。
また勝手に場所をきめるのではなく親類と話し合った上で決めることをオススメします。
またこちらのお墓の体験談についての記事も参考にご覧ください。

Copyright(C) 2013 故人が帰る場所 All Rights Reserved.