家族のつながり

公営墓地に建てられるお墓に決まりはある?

まず土地についての問題のこともありますが、お墓の決まりについてしっかりと理解をしておきましょう。
お墓を建てる際に重要なのは場所になります。
自分が所有していたとしても、お墓を建てることはできないということを覚えておきましょう。
これは墓埋法という規制があるのですが、それによって、埋蔵や遺体・遺骨に関しては厳しい決まりがあります。

つまり自分が所有している土地では基本的に無理なのです。
またお墓の前に、墓地を作る場合は都道府県管轄の許可が必要なります。
色々なことを加味された上で判断されることになります。

さて墓地について理解を深めた所で、公営墓地の決まりについてですが、私達の知る中で墓地というのは2つあります。
まず、都道府県などが管理する公営墓地、そして宗教法人などが管理・運営するのが民営墓地です。
これが墓地の違いになります。
公営墓地の場合は大きく3つに分けられています。
一般墓地、壁墓地、芝生墓地の3種類です。

これは宗教やスタイルによって選ぶということになります。
決まりは、市町村に住んでいる事が条件なことや、ご遺骨が既にある場合などがあります。
基本的な特徴は、管理運営がしっかりしているので安心、またお墓の管理料金が安い、宗教などの決まりは原則なしがいいことです。
デメリットは、墓石の大きさ形は決まりがある。
墓地は抽選になることが多いので、立てれない場合がある。
などです。

これらが主な公営墓地のメリットデメリットになります。
基本的には自分の住んでいる市町村関係だとしたら公営墓地へ立てれる資格はあるので安心して下さい。
トータル的な予算や費用についてはお墓を建てる際に最も重要なことになりますので一概に全てが良いとはいえませんが、その中でも公営墓地にお墓を建てることはコスト面でも安心できることが多いです。
色々な墓地スタイルがありますので改めてそのような部分も参考にしながら決めていくことがよいでしょう。
お墓を建てる際に参考にしてみてください。

Copyright(C) 2013 故人が帰る場所 All Rights Reserved.