家族のつながり

御影石ってどんな石?

御影石というのは、そもそも御影町という場所で産出されたい石のことです。
語源は沢山ありますが、御影港という場所の名前が語源とされているようです。
さてこの御影石は別名で、花崗岩と呼んでいます。
それら全般を御影石と呼ばれています。
御影石というのは耐久性がとにかく優れています。

また風化しにくく、磨く事によって光沢が出てくるのも特徴的です。
そして石には天然の抗菌作用があるので、とても綺麗な特徴があります。
御影石は墓石に使われることも多いですし、壁やカウンターなどといった場所に用いられることも多くなりました。
昔は沢山色々な場所で産出されていましたが、環境保全のことを考えて制限されてしまってからは中国などで輸入されるようになっています。
御影石の基本的成分は火成岩が地中で冷却されて凝固したものです。

深成岩の一種と呼ばれています。
これら御影石の加工はどのようにされているかというと、本磨きと呼ばれる工程と、ジェットバーナーなどによる加工が殆どになります。
仕上げ方によって様々な輝きを放ちますのが、これらがメインとなっています。
肝心の値段は割高です。

お墓の場合はこの石を用いることもありますが、値段も高額になるので少し考えてしまうかもしれませんが、とても品ある石ですので価値は大変優れています。
石についてしれば沢山の魅力を感じるかもしれませんが、お墓の場合は予算やデザインなども考慮しないとなりません。
石だけが全てではありませんのでそのあたりは折り合いをつけつつ、可能な限りですることがよいと思います。

また身内でお金を出し合うことが殆どだと思いますので費用については良く話し合うことにしましょう。
モメごとになりやすいです。
御影石を用いることも素晴らしいことですし、色々な中から選ぶことが一番よいと思いますのでトータル的な部分で加味することをお忘れなく。

お墓は一生の買物です。
また亡くなった人への思いでもありますのでその辺りは予算範囲でまとめましょう。
トラブルのないようにお墓の石選びをなさってください。
参考にしてみてください。

Copyright(C) 2013 故人が帰る場所 All Rights Reserved.