家族のつながり

お墓の構造、地域によっても違う?

お墓を建てるというのは毎回建てるというものではありません。
基本的に一生に一度だと思いますがこのお墓の構造がどういうものなのかというのは理解しておりますでしょうか。
お墓というと多分頭に思い浮かぶお墓があるとは思いますが基本的には長方形型の形が一般的というのは覚えておくといいでしょう。

ただ、地域によってはお墓を豪華に見せるという地域もあったりします。
とにかく基本的な違いはコスト面か品質面かというところになるでしょう。
とにかく特に立派にしなくてもいい、あればいいという方もいれば誰よりも立派にして欲しいという方もいらっしゃるでしょう。
基本的にはそういった違いとなっております。

今ではお墓の場所がなかったり、お墓を建てないという方も増えておりますので別に知らなくてもいいと思うかも知れませんがいざという時の為に覚えておいてもいいのではないでしょうか。
基本的には、違いといったら地域というよりはそれ以外の違いを覚えておいた方がいいかもしれません。
例えばですが宗教上の形の違いだったりを覚えておくといいでしょう。
やっぱり宗教によって形が違ったりがありますのでいろいろとどう違うのかというところを覚えておくといいでしょう。

また、自分のお墓を生きているうちに自分で建てるのでしたら色々とどういったお墓があるのかと調べたりするとは思いますが亡くなった後には解らないのでどういうお墓が建つのかという不安が残ってしまうでしょう。
そういったことがないようにどういうお墓を立てて欲しいと言う事であったりを伝えたり、または遺言として残すことをオススメします。
お墓は確かに立派な方がいいかも知れないですが、やはり最終的にはおまいりに来てくれる方がいらっしゃるのかいらっしゃらないのかが大事となります。
お参りに来なければどれだけ立派だったとしても映えないものになるでしょう。
ですので地域の違いを調べて色々な方がお参りにこれるような場所に建ててみるのも検討してみてはいかがでしょうか。

Copyright(C) 2013 故人が帰る場所 All Rights Reserved.