家族のつながり

お墓は宗教によって違う?

お墓というのはいづれ必ず訪れる機会がやってきますし、不幸なことが無い限り自分の親族や身内を見取った後は必ずこのような問題が出てきます。
そのときのためにきちんと理解をしておきましょう。
お墓というのは宗教によっても異なります。

簡単にいえば、墓石に記す文字やデザイン、それらは宗教・宗派によって大きくことなります。
これをまず知っておけば違いがわかるでしょう。
ですが2013年現在では、宗教や宗派にあまりとらわれずに自由な形でお墓をたてるようなスタイルが増えているのも事実です。

それらはそれとして、改めてお墓という文化を知っておきましょう。
豆知識としてですが、墓石に刻んである言葉や名前等があると思いますが、あれらに決まりはありません。
だから自由なスタイルが頻繁に増えてきだしたということもあります。
戒名などは費用を払って授かるというようなこともありますが、それらも考え方が変わっている人や宗教や宗派によって異なりますので、受け入れない人はそのようなことをせずに自由なスタイルになっています。

基本的な形式としては一般和型と呼ばれるものです。
長方形の見たことがある人は直ぐに分かるのがこれに当たります。
宗教よっては異なりますが、もう一つお墓を作る際にポイントがあります。
それは石材店を見極めるということです。
良心的、というよりもニーズに応えてくれる所や、段取りや手際、見積もりに至るまできちんとしてくれている所は信頼していいでしょう。
お墓を建てる際に駄目な業者オプションや追加料金についてを上手くごまかしてお金を回収しようとしています。

例えば「亡くなった方も喜びます」など言葉で誘導したりしますので気をつけてください。
大事なのは予算、立地条件、お墓のスタイルです。
これらが一番無くなった人への弔いになると思います。
あまり高額なものが良いと進める所も注意が必要でしょう。
宗教によってはシンプルなものもありますので、デザインや形式にとらわれずに考える事がよいかもしれません。
参考にして下さい。
また、こちらのお墓のローンについての記事も参考にご覧ください。

Copyright(C) 2013 故人が帰る場所 All Rights Reserved.