家族のつながり

お墓をほかの人に譲ることはできる?

まずお墓を他の人に譲るという行為に関しまして幅広い意味がありますので別々に説明をしていきますが、まず一つは墓石を譲るという場合、基本的にこれは出来ません。
使用していない場合でしたら新たに削ってと言う事が出来るかも知れませんが基本的に利用されたものを他の誰かへということは出来ないでしょう。
そもそも受け取る側に関しましても相当受け取りずらいですし他の方が祀られていたお墓を利用することも気が引けます。

とにかく一度利用した墓石はまた石材屋にもっていって解体をしてもらうのが一般的となります。
ですので墓石をまず人に譲るという行為はしないようにしてください。
次に墓地の権利となりますが、これについては出来る場合と出来ない場合がありますが基本的に出来ない場合が多いです。
墓石を建てる場所として墓地の権利というのを買いますがこれを使わなくなったからといって他の人に譲るのも一般的に出来ません。

これは途中で利用しないということになったらどうすればいいのかというと返却をするということになります。
またその際の代金は帰ってきませんのでその点も事前に理解しておくといいでしょう。
こういったことを理解しておかないと思わぬトラブルに発展することがありますので必ずお墓を建てる際は自分の勝手な判断ではなくきちんとその土地を所有しているお寺などに聞きに行くといいのではないでしょうか。

またお墓などをなくすといった場合に注意していてもらいたいのが遺骨などの場所となります。
色々と移す場所などを決めていればいいのですが決めていないのにそうするというのは本当によくありませんので事前に相談した際にそういったことの話も聞くといいのではないでしょうか。
お墓を建てるにしてもなくすにしても色々な問題が出てきます。
この問題をどう解決するのかをしっかりと事前に知ってから動き始めるといいでしょう。
何もしないで勝手な事をすることはお勧めできません。

Copyright(C) 2013 故人が帰る場所 All Rights Reserved.