家族のつながり

お墓にかかる税金ってあるの?

人が生きている以上、税金というのは必ずかかってきます。
住まいや物、いたる所に税金がかかっています。
さて今回の場合のお墓には税金がかかるのでしょうか?実際はお墓に関しては税金がかかりません。
その理由は非課税対象になります。

それにはれっきとした決まりがあります。
お墓だけではなく、仏壇関係や、祭具などに関しても祭祀財産という分類になるので、非課税となるのです。
でも疑問が残りませんか?立地条件やお墓を建てる際に土地を所有するということは、税金がかかるという風に感じるかもしれませんが、厳密にいえば土地を購入しているということではありません。
日本語の言葉の遊びに聞こえてしまいますが、永代使用権という表現になります。

つまり、土地を使う権利を購入したことになるということです。
ですので実際に税金がかからないのは、土地を購入しているわけではなく、権利を購入したということだからです。
ちょっと複雑に感じますよね…。
ですがこういうことを知っておけばいざというときは役に立ちます。

それ以外に関わるものは当然お墓を建てるということになるので費用はかかるということです。
お墓に関しては一切税金はないので安心しておきましょう。
ついでにお墓を建てる際のポイントというのを覚えておきましょう。
まず立地条件が大事になります。
アクセスがしやすい所だと法事などでも集まりやすく、トータル的に安心できます。

そして費用を決める際の業者選びです。
これはどこがどうか…とは言いがたいのですが、見分け方は…オプションでお金を取ろうとすること、見積もりを安くしておいて実際に後付を促す所、亡くなった人も「喜ぶ、嬉しい」などの感情を話す人です。
大事なのは予算にあったお墓を建てることですので悪徳業者にだまされないで下さい。
結果として亡くなった人が親しい間柄や、自分にとって大事な人である場合精神的に静寂しています。
そこの弱みに付け込んでくる人もいます。
慌しい間にお墓を決めることになるかもしれませんが注意をしておいてください。
そしてお墓を建てる際の参考にして下さい。

Copyright(C) 2013 故人が帰る場所 All Rights Reserved.